男の人と女の人

AGAは治療できる|男女ともにフサフサな髪の毛になれる

更年期になると薄毛が

櫛を持つウーマン

ホルモンバランスの乱れで

薄毛は、主に男性の悩みとされていますので女性で薄毛になってしまうと、周りになかなか相談がしにくく一人で抱え込んでしまい、それがストレスになり、かえって薄毛を進行させてしまうことにもなります。特に最近増えてきているのが更年期を迎えてきた方の薄毛です。更年期となると、若いときのように女性ホルモンが活発に分泌しなくなります。そうなると男性ホルモンが総体的に多くなってきますので、薄毛になってしまう方もいるのです。このような薄毛の悩みを抱えている方向けに女性専用の薄毛治療頭髪クリニックがあります。女性専用の薄毛治療クリニックですので、患者も専門医も同性ですので、安心して薄毛治療を受けることができます。

ミノキシジル中心の治療

女性の薄毛の特徴は男性のように生え際や頭頂部から進行していくのではなく、全体的に抜け毛が増えて密度が薄くなっていくびまん性脱毛といいます。男性の場合だとプロペシアを処方してもらうことで、薄毛の進行を抑えることができるのですが、女性はプロペシアを使うことができず、特に妊娠中の方は胎児に悪影響を及ぼすことがあるので禁止されています。そのため、ミノキシジル中心で治療を行っていきます。ミノキシジルの薄毛治療薬で発毛を促進させていきます。ミノキシジルには血行の促進をよくして、毛根まで栄養を届かせやすくし、毛母細胞を活性化させて発毛を促します。薄毛でお悩みの女性の方は、まずはお医者さんに相談して薄毛治療をすることです。